インターネット活用のお役立ちツール・テクニック集「インターネット講座」 オークション実践 入札・落札 備後ポータル検索エンジンはアクセスアップの王道!
 
 
インターネット・パワード
インターネットの利用
 ・ブラウザ編
 ・メーラー編
 ・メールマガジン編
 ・掲示板編
 ・メーリングリスト編
インターネットの活用
 ・2ちゃんねる
 ・オークション
  ・入札落札
  ・出品
 ・オンラインソフト
インターネットの体験
 ・掲示板編
  ・掲示板【練習用】
  ・画像掲示板
 ・メーリングリスト編
アクセスアップの王道!
Bingoall検索エンジンTop

 
入札前に
 

価格チェック

    まず落札予定の商品名やキーワードなどを、オークション統計ページ(仮)の「落札相場」にチェックして検索してみる。
      落札予定商品が直近の過去に、大体どの位で落札されているか知る。
      調べた相場と照らし合わせて、出せる金額の上限をあらかじめ決めておく。
         
 

商品検索

    もう一度、落札予定の商品名やキーワードなどを、オークション統計ページ(仮)で検索してみる。ただし今度は「開催中」をチェックする。
    あるいはAuctionExplorer!などのツールを活用する。 
         
 

入札、その前に確認を

    開始価格
      なるべく安くはじまっているものを選ぶ。
    終了日時
      自分が立ち会える時間かどうか。
    最低落札価格
      これがある場合は、この値段以下では落札されない。
    希望落札価格
      これがある場合は、この値段で即決される。
    自動延長
      これが設定されていると、最後の数分間で落札額が高騰する場合がある。
    支払い方法
      自分が対応できる、あるいは手数料が安くつく支払い方法かどうか。
      個人のケースによるが、私はネットバンクかぱるるでの送金が可能な出品のみ入札するようにしている。地方銀行オンリーの場合振込手数料もバカにならないから。
    発送方法
      送料負担はどちらか。
      ゆうパック、宅配便、定形外郵便などがある。
      着払いのみという出品者もいる。
    消費税(5%)やオークション手数料(3%)を要求されていないか。
      これを要求されて送料まで負担するとバカにならないから気を付ける。
    出品者の過去の評価
      これは絶対に目を通しておくこと。悪い評価の出品者であれば、トラブルもありうる。
         
 

Q&A

    聞きたいこと、分からないこと、確認したいことがあれば、入札前に質問しておく。
         

入札から落札するまで
 

自動入札

    限度額を決めた場合は自動入札を活用する。その範囲内で適切な金額で自動入札が行われる。
    商品にもよるが、自動入札を利用して、最初から自分の限度額いっぱいに金額を打ち込むと、値段が不必要に高くなってしまうケースもある。
時間に余裕があるならば、リアルタイムに入札する方がいい。
         
 

自動延長

    また自動延長には注意する。終了5分前に入札があればオークションが5分間延長される。複数の競争になればかなり、時間も30分以上も延長され、落札金額も高騰していく。
         
 

希望落札価格

    拘束力はないが、この金額で入札した場合、即決で落札される。これ以上の金額で入札しても必ず「希望落札価格」で落札される。
         
 

最低落札価格

    「最低落札価格」が設定されていればこの金額に達しない限り落札できない。かつ業者などがこの最低落札価格を非公開にしているケースもあって、非常に腹立たしいことになる。私はこういう出品は入札しないようにしている。
         
 

競合入札者のチェック

    同じカテゴリというか、同じ商品に入札してくるご常連の方がいる。だいたい価格帯が決まっているようだ。まぁ私もそうなのだが… 相手も研究して、この商品はどういう展開で値段が上がっていくだろうか予想はしておく。
         
 

万が一の入札取り消し

    私はこれでイヤな思いをしたが、間違って入札してしまうケースもある。入札の取り消しは「Q&A」で。ただし必ず対応してもらえるとは限らない。注意すること。
         

落札した後
 

出品者とのメールの送受信

    落札後、出品者からメールが送信される。もしくはYahoo!オークションからのお知らせに情報が記載されている場合がある。
    こちらの住所の確認(発送先)、振込方法、発送手段など。
      出品者によっては、振込方法や発送手段などを1メールごとに小分けにする場合がある。こうなると時間がものすごく掛かるので、商品入手まで日数が掛かってしまうので注意すること。
    同一出品者の複数の商品を、落札する場合がある。送料の負担減もあるので、一通り落札が終わるまで待ってもらう旨連絡しておく。
         
 

支払方法

    24時間対応できる、インターネット決済手段を確保しておく。ネットバンクや各金融機関のインターネットサービスへの申し込みを済ませておく。
    支払完了後メールを送る。
         
 

発送方法

    私は郵便は信用ならないので、専らゆうパックを利用している。途中経過も把握できて便利で安心である。
    時間指定も必要ならば希望しておく。
         
 

商品入手

    商品の状態を確認する。
    よほどの不良品は出品者に連絡する。
         
 

出品者を評価する

         

前のページへ
もっと知りたい!
 
         
 

▲ページトップへ