Google Danceの情報 グーグル ダンス集大成

Google et cetera エトセトラ



●Google Dance トップ
●Google対策
 ・PageRank
 ・テキストマッチ
 ・サイトテーマ
●検索結果と順位変動
・Googlebot
・Google's Data Centers
・Google Dance Tool
・Googleの検索方法
・Google Toolbar
・Google etc
●実録Google上位表示
 ・ローカル編
 ・メジャー編
 ・サイト編
・SEO検索エンジン最適化
・検索エンジンスパム
 ・スパム実践解説サイト
・リンクサイト

・SEO対策 リンク集
●実況 ・2003/05(カウントダウン グーグルダンス・ ネクスト) ・2003/06(カウントダウン2 グーグルダンス・ネクスト2
Web マスターのための Google 情報
 
Google の通説と事実
  通説: リンク交換自由参加型リンク プログラムに参加すると、順位が上がる。
  事実: このようなリンク プログラムはサイトの PageRank を上げないばかりか、順位に悪影響を与える場合があります。リンクの共有プログラムを宣伝するサイトの多くは、ほとんど価値がないだけでなく、許可なしにユーザーの電子メールアドレスを配信するため、受信する迷惑メールが増えることになります。
  通説: ASP (あるいはその他の html 以外のファイルタイプ) を使用すると、Google インデックスに登録されない
  事実: Google では、一部の例外を除き、ほとんどの種類のページやファイルをインデックスに登録できます。
    登録できるファイルタイプは次のとおりです: pdfaspjsphdmlshtmlxmlcfmdocxlspptrtfwkslwpwri



CGIでもGoogleインデックスに登録されたケース
 
BingoAll検索エンジンのリンク、被リンクの事例から
  アクセスログで訪問時の検索キーワードを見ると、BingoAll検索エンジン登録サイトのタイトルや説明文を、Googleなどの大手検索エンジンで見つけて訪問しているだろうと想像されます。つまりBingoAll検索エンジンのホームページ登録情報であるCGIはインデックスに登録されているのです。
  さてBingoAll検索エンジンはYomi-Searchを採用しております。このYomi-Searchは本体のログがあり、かつカテゴリや新着、相互リンクなどは別CGIファイルに書き出しています。実はこのファイル自体は動的に生成されるのではありません。つまり書き込み済みのログそのものなんですね。実際logディレクトリにおいてありますし。
  動的なのは、ホームのyomi.cgiで、このファイルにアクセスすると、テンプレートの書式に従ってトップページがブラウザに読み込まれます。
  ところでBingoAll検索エンジンは、トップページのカテゴリと各カテゴリ別CGIファイルへのリンクを手書きにしているんですね。ですからGoogleなどのロボットも登録サイト情報のインデックスを作成しているのでしょう。
 
当サイトの事例から
  Googleで「link:http://bingoall.net/google/」を検索してみると…
  http://216.239.33.104/search?q=cache:BV_8uF3SkfQC:bingoall.net/ime/site/profile.html+&hl=ja&lr=lang_ja&ie=UTF-8
  このキャッシュページのリンクは、
http://bingoall.net/bingo/rank.cgi?mode=link&id=1968&url=http://bingoall.net/google/
のようになっています。そして、このページはこれ以外に Google Dance サイトにリンクしている箇所はありません。
  この事例は、CGIの動的ページをインデックスしたものではないのですが、「.cgi?XXX&url=http://〜」の右側のurlのリンク情報をGoogleが取得しています。



動的ページの検証
 
CGIのケース
  リンク -yomi filetype:cgi
    Google Toolbarにも書きましたが、拡張子が「cgi」のページを検索するには、「キーワード filetype:cgi」を入力します。
    「-yomi」としてあるのは、Yomi-Searchの場合は、cgiがテキストファイル(静的ページ)になっているから、はずした方がより正確だろうと思ったからです。
  この検索結果で気付く点は、「.cgi」で終わるファイルが見当たらないことです。どれも「?」のパラメータが1個付いています。かつ2個のものはありません。
 
phpのケース
  リンク filetype:php
    拡張子が「php」のページを検索するには、「キーワード filetype:php」と入力します。
  こちらは、「.php」で終わるファイルがあります。パラメータ付きもあります。
 
おもしろいケース
  googlebot.com IP
  上位に表示されているところの大半は、アクセスした時に、REMOTE_HOST、REMOTE_ADDR、HTTP_USER_AGENTなどが動的に書き出されるページです。
  おもしろいのは、Googleのクローラーの訪問の痕跡をキャッシュしていることですね。まぁ当たり前なのですが。
  ロボット訪問を記録するといった性格上、.shtml、つまりSSIのページが多いです。
 
では、どういう条件なら動的ページもキャッシュされるのか?
  と書いたものの、実際分かりません。
  情報もほとんどないです。



楽しいGoogleのチップス
 
ロゴ付きオリジナルのGoogle検索
  普通のGoogleの検索窓に見えますが…
   
Google
Search WWW Search bingoall.net
  何かキーワードを入力して、検索してみてください。
  オリジナルのGoogle検索結果画面が表示されます。しかもロゴ付きで。
  また、右側のラジオボタンにチェックを入れておくと、http://bingoall.net/のGoogleキャッシュファイルから検索できます。つまりサイト内検索ってことです。
  これは、登録すれば設置できます。ただし、独自ドメインのみのようです。関心をもたれた方は、FAQ -- Free Searchからどうぞ。



その他

 
色々なGoogleのロゴデザイン
  U.S. Government Linux
 
  BSD Apple Macintosh
 
  Microsoft www-zu.google.com
 
  Google ロゴ使用 Google Weblog: Logos Archives
 
 
   
       

Google Dance グーグル ダンス SEO対策     株式会社アルゴリズム運営のSEO塾